2021 クラシック番付 牝馬編(11/29時点)

一昨日の牡馬編に続き、今日は牝馬編です。昨日、更新したかったのですが、クイーン賞 場外@京王閣 行ってました。
牝馬の方は、9/6版と同じくオークスではなく 2021年 有力候補ランキングです。

 

✨✨前回(9/6) 振り返り✨✨

夏競馬終了時点の前回番付は、横綱:メイケイエール、大関:リフレイム でしたが、この2頭はこの順位で良かったかなと思っています。一方、Top 10 入りはしたものの オークス向きと判断して前頭6にした ソダシ、Top 10 入りもさせず幕内の1頭にしてた サトノレイナス はもっと評価を上げるべきでしたね。ソダシは、マイルより中距離、芝よりダートって血統の先入観があるから、それで下げた部分が大きい。関脇・小結以下、そもそも混戦なので想定してましたが、けっこう不発してしまいました。逆に、夏時点で未勝利だった幕内 ダブルスナッチ、ファインルージュなんかは、未勝利の勝ち方から、これから飛躍してきそうな手ごたえを感じています。我ながら、まあまあだったかな。

それでは、以下、11/29開催終了時点での番付です。

 

✨✨✨クラシック番付✨✨✨

20-21世代 牝馬 5回東京終了(桜)

 

♀横綱♀  レフトゥバーズ

1戦1勝 DI×テルアケリー:文句なし即答で横綱です。今年2歳世代の新馬戦では、牡馬のダノンザキッドかそれ以上のインパクトありました。この切れ、このスピード、右回り左回りありますが、リスグラシューの有馬記念を思い出しますね。視覚のインパクト通り、上り33.4、しかも残り300から追っただけ、全体時計も 1.34.5 で優秀。やっぱりディープだなぁ。そして母父Tapit はグランアレグリアと同配合池谷さん、いい馬買ったなぁ。オーナー自ら、次走はクイーンC or 共同通信杯に登録予定とのこと。クイーンC リフレイム出るし、ぜひ共同通信杯でw いやぁ、これは末恐ろしい。

 

♀大関♀ メイケイエール

3戦3勝 ミッキーアイル×シロインジャー:夏競馬終了時点の横綱、ファンタジーS (1400m) も期待通り勝ってくれたし、これを超えてくると思った馬がレフトゥバーズくらいだったので世代の2番手に。気性的に、マイルは?って思われてるけど、走り的には問題ないかな。本番で騎手が御せるかだけ。

 

♀関脇♀ ソダシ

3戦3勝 クロフネ×ブチコ:シラユキヒメ一族で3戦全勝 次走は阪神JF という点では、メイケイエールと全く同じで、ただ白さだけが違う。2歳夏の時点で札幌2歳使ってきたから、マイルは短いのかな?と思ったのですが、野芝のマイルでも弾けたのにはびっくり。夏時点で前頭6枚目 でしたが、関脇に一気に昇格です。Gallop POG も複数当選してるし、どっちかというとJFはこっちに勝ってほしいけど。

 

♀小結♀ オンラインドリーム

1戦1勝 Frankel×Danedream:父は Rating 140 世界最強フランケル母は 凱旋門賞レコード2.24.49  デインドリーム 世代4番手は世界的良血のこの馬です。新馬戦は、1.23.2 (上がり34.8)で強調できるものではありませんが、まだ全く本気で追ってないですし、ただただスケールの大きさを感じました。次走は1/16 紅梅S のようです。

 

♀前頭1♀ サトノレイナス

2戦2勝 DI×バラダセール:この世代 POG 1番人気だった馬ですね。新馬戦は正直、思ったより弾けないなという印象で Top10入りせず幕内に留めましたが、いや、サフラン賞 強かった。追ってからの伸びは兄サトノフラッグ譲り。阪神JF はメイケイエール、ソダシと三つ巴か。これは Gallop 落ちてるし、内輪POGでもオーナー氏の指名馬だし、手ごわい厄介な存在です。

 

♀前頭2♀ アールドヴィーヴル

1戦1勝 キングカメハメハ×イサベル:この馬は内輪POGの指名馬ですが、贔屓目なしに世代の6番手くらいの評価でいいんじゃないでしょうか。負かした2着 ヴィジュネル が好メンバーの揃った未勝利で勝ってますし、決して弱い相手でもなかった。曾祖母 グレースアドマイヤは競馬に嵌った僕の中学時代、メジロドーベルと同期の馬ですが、母イサベルもそうだし、大叔父 リンカーン&ヴィクトリー、叔父のダービー1番人気 アドミラブル、叔母エスポワール、姉フアナ迄、本当に偉大な大ばあちゃん、皆、馬格があってパワーをスピードに変えてくるタイプでも共通しています。次走は未定。

 

♀前頭3♀ リフレイム

3戦2勝 American Pharoah × Careless Jewel:この馬も内輪POGの指名馬、破天荒なデビューになりましたが、陣営の努力によってまっすぐ走って500万を快勝、京王杯は前が詰まったのが痛かったですね。スムーズなら、上位争いは必至でした。右回りにはまだ不安があるようで、桜花賞まで出てきてくれるか心配ですが、ぜひ右回りの課題もクリアして桜の舞台で観たい馬です。スピードの絶対値は世代随一だと思ってます。

 

♀前頭4♀ シャーレイポピー

2戦1勝 ミッキーアイル×オリエンタルポピー:この辺から評価が分かれるところでしょうが、僕は世代の8番手、祖母トールポピーのこの馬とします。新馬戦こそ勝ち馬に出し抜けを食らいましたが、距離も1400だったし、2戦目の1600未勝利であっさり突き抜けてくれました。距離はもっとあっていいと思ってて、桜花賞だけでなくオークスもってタイプですかね。

 

♀前頭5♀ ファインルージュ

2戦1勝 キズナ×パシオンルージュ:世代の9番手は 10/24 東京未勝利でズバ抜けた瞬発をみせたキズナ産駒のこの馬。母系は曾祖母にココパシオン、その子に弥生賞でアドマイヤオーラと叩き合いをしたココナッツパンチがいますね。この子からみたら大叔父か。一族的に早熟血統なので、桜花賞までかなぁ。

 

♀前頭6♀ ダブルスナッチ

2戦1勝 ルーラーシップ×スナッチマインド:Top10 ラストは、前頭5 のファインルージュ(2着)と同じ新馬戦で3着だったこの馬とします。デビュー前から母スナッチマインドってことで注目してましたが、新馬戦は勝ち馬以上に目立った強烈な決め手を披露、続く未勝利で内に刺さりながらも他をよせつけない圧勝でした。従兄弟にラウダシオンも出ていて短距離血統だと思うので、なんとかマイルまでは持ってほしいですね。

以上、世代の10傑とします。以下、次点の幕内12頭、その下の十両12頭です。

 

♀幕内 +12♀

クインズラベンダー:新馬でテンカハル♂を完封、黄菊賞でアドマイヤザーゲ♂の2着。
ククナ:アルテミスS でソダシの2着、上がり33.4。これは10傑に次ぐ、11番手
オパールムーン:ファンタジーS でメイケイエールの2着。
ルージュアドラブル:母ココロノアイ、新馬戦は凄い脚 上がり 33.6。
ヴェルトハイム:母ワイルドココ、この馬の新馬も凄かったね、上り33.7。
アカイトリノムスメ:内輪POG指名馬。現状は幕内とします。次が試金石。
ソングライン:叔母ジューヌエコールのいる血統、東京未勝利 1.34.1が凄かった。
フォティノース:夏時点の小結、まずはコーナリングの練習してもらって改めて。
ジェラルディーナ:母ジェンティルドンナ、阪神未勝利1.46.7 は優秀
ステラリア:ベゴニア賞で キングストンボーイの2着 タイム差なし。
アンドヴァラナウト:キンカメ×グルヴェイグ 新馬2着はポテンシャル高い
プレミアエンブレム:ルーラー×メジャーエンブレム こちらも新馬2着も母のスピード受け継いでる。

 

♀十両 +12♀

ストゥーティ:アルテミス賞 4着、もう1戦は見たいかな。
シゲルピンクルビー:姉シゲルピンクダイヤ、新馬戦の内容からはまだ十両かな。
ルージュグラース:祖母スタイルリスティック、外れのない一族なので。
スノークォーツ:ゴールドシップ産駒ながら上り33.3のデビュー、あとは全体時計縮められるか。
オヌール:DI×アヴニールセルタン 世界的良血も新馬戦だけ見たらまだ十両かな。
ジネストラ:ハッピーパス 最後の子。東京未勝利の勝ち方が良かったので。
アラビアンナイト:スピードよりパワータイプで、上のクラスでも相手なりに走ってきそう。
アヴェラーレ:母アルビアーノ、新馬戦快勝も、次が試金石とみてます。
ドリアード:父キズナ譲りのナタの切れ味、これはJF 要警戒。3強に割るならこれかな。
ブルメンダール:母ブルーメンブラット、1勝クラスでニシノアジャスト♂の2着。
グランデフィオーレ:秋明菊賞でブルースピリット♂の2着。兄グランデマーレ。
ヒシシュシュ:祖母ヒシアマゾン、まだ未勝利ながらエスコバル♂の2着。

その他
パープルレディー:兄ミッキーグローリーながらこれはオークス路線で期待。
カナリキケン前半1000m 58.1の激流を2番手から抜け出し1.47.1。オークス候補の1頭です。
インナリオ:骨折で戦線離脱

牝馬編は以上~ 阪神JF メイケイエール vs ソダシ vs サトノレイナス 楽しみです!!

✨✨今回(11/29) まとめ✨✨

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です