2022 クラシック番付 牝馬編(9/5時点)

昨日の牡馬編に続き、今日は牝馬編です。
牝馬の方は、夏競馬終了時点での 2022年 有力候補ランキングです。(全馬 名前をクリックすると NETKEIBA.COM に連動しています!)

 

✨✨✨クラシック番付✨✨✨

21-22世代 牝馬 夏競馬終了(桜)

 

横綱  ステルナティーア

外回して上り32.7 の衝撃。現時点で これ以上 いい馬いたかな?この先 出てくるかな?全体時計は 1.36.0 と平凡なので過信は禁物、G1級とまでは言わないまでも、重賞級とは断言していいじゃないでしょうか。ラルケットちゃんはロードカナロアとよっぽど相性いいのかな。ブエナビスタやハープスター級の怪物であることを祈ります。

 

大関 ルージュスティリア

馬なりで上り32.7 の衝撃。こちらも超スローの新潟デビュー組ですが、心肺機能が違う、筋肉の柔らかさも違う、スピードの絶対値が違うわ。母父ストームキャットの黄金配合、祖母Wandesta は米G1馬で、こちらはナスルーラ系です。オークス番付だったら、こちらが横綱でも良かったかも。次走、ペースが速くなって同じくらいの脚を使えるか?

 

関脇 ソネットフレーズ

3番手も新潟組、現地にも観に行ったこの子。エアグルーヴ一族で、母ボージェスト、兄ボーデン、叔父ドゥラメンテ 等々。楽々抜け出して2着馬に詰められたので追っただけ、で、全体時計1.34.3 なら本気で走れば 1.33秒台は普通に出てますね。外れの出ない血統と言うと失礼な感じですが、血の力で重賞戦線でも十分やれると思います。あとは ステルナティーアとの力関係だけ。

 

小結 フォラブリューテ

4番手も新潟組 ブルーメンブラットの子。横綱、大関はすぐ決まりましたが、関脇、小結は順番を迷いました。見た目のインパクトもありましたが全体 1.35.0、上がり33.0 は流しての時計で能力の裏付けもあり。母の引退R マイルCS 1着は僕が学生時分、◎◯▲で3連単53,980円をパーフェクト的中、競馬研究会で神扱いされるきっかけになった母馬です。以来、子供たちは全て応援してるので、この子にもぜひ頑張ってほしいです。

 

前頭1 ベルクレスタ

5番手は、セリフォスの新馬戦2着、未勝利で楽勝した評判馬のこの子。セリフォスが新潟2歳S 勝ち、評価はグンと上がりましたね。ステルナティーアは相当強いと思いますが、阪神JF~桜花賞まで、世代上位で戦っていけると思います。

 

前頭2 ミント

6番手は、キセキの石川オーナー所有のこの子。こちらも新潟ですね〜どうしても外回りコースで着差も広がるし強く見えるのですが、逆に強い馬ほど取りこぼしにくいコースなので、夏の有力馬は新潟の外回り使ってる、という面もあるかと。で、この子、セリで6,600万と高額でしたが、値段に違わぬ豪快なパフォーマンス。稍重33.8 で走れた点と、父エピファネイア×母父ルーラーシップから晴雨兼用の決め手があるとみました。次はスプリンターズS当日 中山 サフラン賞みたい、観に行きたいけど🎯

 

前頭3 ロン

7番手は、5頭立て函館新馬戦を勝ったこの子。少頭数ながら、負かしたジャスティンスカイがハイレベル未勝利戦を大楽勝、3着レモンケーキも次の未勝利でモチベーション(新馬でモンゴリアンキングの2着)の2着と、レベルはかなり高かったみたい。洋芝函館から次は野芝野路菊みたいなので、同じ脚が使えるか、ですね。

 

前頭4 ナムラクレア

8番手 いちよ小倉2歳Sの勝ち馬で。昨年メイケイエールはクラシック即通用くらいのレース後の感想でしたが、それでも桜花賞では結果出せず。例年の小倉2歳だと、普通に桜花賞では足りないよね。その2歳Sも流れは向いた気がするし、距離延長でこれ以上のパフォーマンスはどうでしょう。強かったら素直に謝ります。

 

前頭5 スターズオンアース

9番手は、大関 ルージュスティリアの2着馬のこの子。ルージュはオークス最有力くらいに思っていて、当然 この子の評価も高くなります。しかも上がりはルージュより速い 32.6 究極の末脚。未勝利なんかで足踏みするなよ〜👊

 

前頭6 シンシアウィッシュ

10傑ラストは、ルージュラテールと迷いましたが、キズナ×ガリレオ チーム前田の隠し玉のこの子。この血統の割には華奢というか、まだ体幹がしっかりしてないですね。それで上がり33.5 出してんだからスピードは間違いない、血統通りのパワーも発揮できれば化けてくる可能性あり。まずは次走 時計を縮めて来れるか?

 

以上 世代の10桀とします。牡馬同様、Excelでまとめてみました。

 

幕内 +12

次いで、10傑に入れるか悩んだ12頭をご紹介。

クレイドルリアグラシアレディナビゲーター:6/6 府中新馬のワンツースリー。その後、リアグラシアは未勝利あっさりですが、クレイドルが新潟2歳で原因不明の惨敗、レディナビゲーターは未勝利まさかの取りこぼし。当初 3頭揃って10傑くらいに思ってましたが、この結果なので夏の時点では幕内に留めておきます。
カイカノキセキナムラリコリス:函館2歳S ワンツーですね。クラシックどうこう、って気はしませんが +12には拾っておきます。
マイシンフォニー:アライバルの新馬戦 33.6で追い込んで4着、次の小倉未勝利は外強襲され取りこぼし。次は勝ち上がると思うけど、、、それにレースレベルが上がった方が力は出せそう。幕内には入れたい。
ハイアムズビーチ:白毛で人気先行も、3着馬がダリア賞まで2連勝、5着馬が未勝利僅差2着とレベルは低くなかったですね。土曜のアスター賞が楽しみ。
トップキャスト:札幌2歳S 洋芝1800mで逃げて沈みましたが、野芝マイルまでなら持つんじゃないかな?桜花賞路線では引き続き注目したいです。
ルージュラテールダノンスコーピオンと0.0差 2着後、未勝利はあっさりV。時計も 1.34.3 なら幕内には入れておきたい。1戦1勝で選んだ10傑よりは安定してるかも。世代の11番手。
ウィリン:新馬 福島1200でブッチギリV  相手関係はさておき距離延ばしても悪い気しません。いちよ+12頭には拾っておきたい。
ラブリイユアアイズ:新馬&クローバー賞 連勝、内容も悪くない。父ロゴタイプでどこまで?
エクラノーブ:骨折→復帰は年明けの見込。順調なら間違いなく10傑には入れてました😢

牝馬編は以上。次回ですが、11月末 4回東京 終了時点で再度 ランキング出したいと思います。

 

✨✨今回(9/5) まとめ✨✨

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です