2018 有馬記念 〜Grand Prix〜 予想

いよいよ有馬。

キセキ、クリンチャーが前に行く展開か、正面スタンドから2コーナーにかけて、オジュウチョウサンが叩いて行く気がしてます。展開的には実力通りの決着になるとみて、その場合は、レイデオロ、ブラストワンピースの力が上とみました。

以下の見立てから、大きくは変わってないと思います↓

https://saka9.com/%e6%b1%ba%e8%b5%b7%e9%9b%86%e4%bc%9a-%ef%bc%882018-grand-prix-%e6%9c%89%e9%a6%ac%e8%a8%98%e5%bf%b5%ef%bc%89/

モズカッチャンは、デムーロ勝ち過ぎてないかなと思い始めたのと、調教抜群なのがサクラアンプルール、ミッキーロケットの2頭、パフォーマプロミスは藤原先生のコメントが不気味だったこと。この辺が変わった点です。

世代別に強い馬を考えますと、、、

3歳世代は、アーモンドアイは芝の中距離では現世界No. 1として別格、牡馬路線は、ワグネリアン、エポカドーロ、フィエールマン、エタリオウ、ステルヴィオ、ダノンプレミアムと揃ってても、実力はブラストワンピースだと思ってます。新潟の2000を使った後に、京都3000を使う意味が分からなかったのですが、やっぱり1000延長は馬が動揺したのかな。距離短縮はいいと思いますし、実力出し切れるよう池添もしっかり捲ってほしいと思います。

4歳世代は、やはりレイデオロ。故障したアドミラブルが順調なら別ですが、スワーヴリチャードよりはレイデオロでしょう。世界レコード級のキセキ、キセキにすみれSで完勝してるクリンチャーは強いけど、レイデオロには一枚落ちると思います。極端に悪い馬場ならクリンチャーもこわいけど、いまの馬場と天候の感じだと、紐までかな。

5歳世代は、サトノダイヤモンド。スローのダービーでマカヒキに負けたとはいえ、ハイペースの皐月でディーマジェスティに差されたとはいえ、この条件で世代の実力は、サトノダイヤモンドだと思ってます。ただ、ピークは過ぎた感が。逆に、年を重ねて良くなってるのが、ミッキーロケット。あと、マカヒキは、やはり1800-2000の馬と思ってます。

今回、実力通りなら、3歳No. 1(牡馬) ブラストワンピース、4歳No. 1 レイデオロ、5歳No. 1 サトノダイヤモンドと、これに神戸新聞杯で競ってるミッキーロケット。基本的には、レイデオロとブラストワンピースの対決とみました。

馬券は、以下の写真の通り、22,000円。

ブラストワンピースとレイデオロ軸の3連複が本線。紐はメリハリつけつつ。抑えに、レイデオロ、ブラストワンピースのどちらかが崩れた際の3連複。最後に3連単はおまけ。

池添、3度目の正直へ。ダービー、菊花賞 の無念 晴らしてくれ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です