(仏)メゾンラフィット競馬場 遠征記

2019年 パリ郊外のメゾンラフィット競馬場 Hippodrome de Maisons-Laffitte が閉鎖されるらしい。

モンドシャルナの記事を読んで知りました。新潟競馬場より長い直線1200 レースとかも開催してるし、広くて長い競馬場でした。閉場は残念ですが、せっかくなので書き留めておきます🇫🇷

訪問したのは 2016年。マカヒキの凱旋門賞 応援の時、その一度きり。

閉鎖する競馬場のアクセスなんでアレなんですが、いちよ書いておくと、、、

パリ中心部の北西に位置、地下鉄の路線図には載ってないエリア、郊外まで載ってるRER路線図が必要です。緑の旗が立ってるのが、ブローニュの森にあるパリロンシャン競馬場です。

RERの赤 A線 メゾンラフィット駅 Maisons-Laffitte からバスなんですが、メゾンラフィット駅へは、乗るならサンラザール駅 Saint-Lazare か、リヨン駅 Gare de Lyon とかが有名かな。どこのホテルかによるけど。

ちなみに 間違って逆方向に乗ると、繋駕速歩競走で有名、僕の大好きな ヴァンセンヌ競馬場に行ってしまいますので注意。

メゾンラフィット駅です。街と一体化してる。通過する路線は、SNCFの特急用だったかな?RER線は、だいたい国鉄 SNCFと併走してますので。

(RER=京浜東北線、SNCF=東海道線、って感じ?)

駅前はこんな感じ。バスは駅降りてすぐのバス停から乗ります。バス停は頑張って聞いてみてください、英語通じるし。ちなみにロータリーにタクシーも待機してました。

バス停降りると、徒歩ですぐ。あ、あれか、と競馬場の建物にすぐ気付けます。

閑散としてました。凱旋門賞後の平日に行ったからね。僕と同じく凱旋門ついでに寄った日本人がチラホラ。

郊外だからか、緑に囲まれて、ちょっとした府中の森です。

フランス No. 1 スミヨン様やゴドルフィン専属のバルザローナが普通にいる。目の前にいる。世界的名手が揃ってるのに、この閑散ぶりは凄いね。今更ながら、サインとか写真とかお願いすれば良かった。。。

この勝負服はザルカヴァ Zarkava 等で有名、アガ・カーン殿下 Kharimn Agha Khan IV の馬ですね。スミヨン様 イケメンすぎて、、、

この黒い勝負服は、馬主 ジョン・マグナーかな??

騎手用具専用の車が止まってたけど、普通に場内なんですよ。つまり、歩いてここまで来るので、近くで会えます。

全体像、、、伝わらないですね、、、広かったです。

僕のカメラでは全て捉えきれない広さ、長さです。で、レースは右回りも左回りもあるので、スタートとゴールの位置は無料レープロでご確認ください。

右回りレースのゴールの瞬間です。

そして、下が左回りのレースです⬇️ たしかゴールの位置が違ってた。

歴代のフランス リーディングジョッキーです。ジョッケクレブ。スミヨン様 何枚かいました。ルメールもいたかな?

フランスの名馬コロネーション Coronation が讃えられてました。

母父と父父が同じで、50% インブリードとして有名。キズナ×ジェンティルドンナ みたいなもんだから凄いよね。

これ、なんの像だったのかな?コロネーション?? もし分かったら追記しておきますね。メゾンラフィット競馬場のシンボル的な銅像です。

そんな メゾンラフィット競馬場 今年で見納め。キセキ、ブラストワンピース、フィエールマンの応援に行かれる方、ぜひ最後のメゾンラフィットもご参戦ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です