2021 弥生賞 & チューリップ賞 登録馬 格付け

皆さま、いつもご訪問ありがとうございます。

今週は 桜花賞 & 皐月賞 の重要前哨戦。1週間かけて考えたところで、前回 クイーンC & 共同通信杯 ではレフトゥバーズ以下 狙った子たちが惨めな敗退だったし、費やした時間で報われる訳ではないですが。当日バタバタしたくないので、現時点の馬券の狙い目をまとめておきます。

 

🌷チューリップ賞🌷

◉軸不動
メイケイエール

土曜のチューリップ賞はメイケイエールと心中の予定です。折り合いが難しいにしても、マイル迄ならここは1枚上かと。前走 阪神JF、JRAとしてはソダシを勝たせるための枠順だったし、すべての馬にとって最も不利であり、折り合いに難しいこの馬にとって最大級に不利な大外枠、にも関わらずルールを無視した大外枠→先入れから、案の定 出遅れ、しかも致命的な出遅れ。何度か投稿しましたが、ソウルスターリングを勝たせたかった時のリスグラシューと同じ仕打ちを受けました。それでも4着確保したのは地力の違い、出遅れたとしても12頭立てなら馬券圏内は大丈夫でしょう。ソダシ、サトノレイナスと再戦しても、スタート五分なら勝つのはこの馬だと思います。

 

◯相手に厚く張りたい
タガノディアーナ
シャーレイポピー
タイニーロマンス

3連複の軸 メイケイエール で間違いないとして、紐で厚く張りたいのが タガノ、ポピー、タイニーの3頭。タガノディアーナは5戦して(1.3.1.0)と末脚堅実、紐では厚く買わないと、上位人気になるでしょうが仕方ないです。3番手にトールポピーの孫 シャーレイポピー、未勝利戦の内容からクラシック候補と思ったのですが、中京1400 の紅梅S は出遅れから惨敗。小柄なのもありますが、馬場が痛んでたのが厳しかったかな。改めて、阪神マイルでの強い勝ち方から期待したいと思います。メイケイ、タガノ、ポピーが大本線なので、これには 1,000円くらい張ってもいいかも。4番手 タイニーロマンス、春菜賞2着 アヴェラーレには水をあけられましたが、フェアリーS 先行馬総崩れの中で6着は健闘してる、地力があるので先行すれば簡単には崩れなさそうです。

 

△人気するなら消えて欲しい
テンハッピーローズ
エリザベスタワー
ストゥーティ

おそらく2番人気?テンハッピーローズ は拾うけど人気ならお休みしてほしいかな。フェアリーS は差してきた組で4着ですが、完全な差し有利の展開だったので、だったら先行して6着のタイニーロマンスの方を買いたいですね。阪神マイルの新馬戦 1.36.9 (上り33.6) エリザベスタワーも、上りが強調されますが、これを買うなら阪神マイル未勝利戦 1.34.0 (上り34.2)のシャーレイポピーを買うよね。これも人気吸ってほしいけどな。ストゥーティ は善戦マンですが、上位には足りないかなって感じ。

 

×抑えるだけ
エイシンピクセル

足りないと思うけど、阪神マイルは新馬勝ちの舞台、父エピファネイア、母エーシンエポナ 母父カーリン の血統の底力から、とりあえず拾っておくつもりです。

 

👻消し濃厚
マリーナ
レアシャンパーニュ
バリコノユメ
シャドウエリス

この4頭は良なら足りないでしょ。よっぽど馬場が悪くなったらマリーナは抑えるかな。

 

🍀弥生賞🍀

◉軸候補
ダノンザキッド
タイムトゥヘヴン

報知杯弥生賞ディープインパクト記念(皐月賞トライアル)、長い!こっちもダノンザキッド が断然人気でしょうが、チューリップ賞と違って2番人気以下も魅力ある馬ばかり、上位拮抗・実力伯仲って感じ。それでもダノン 3着は外さない??過去に、ラジニケを完勝してクラシック候補だったアダムスピーク、G2時代のホープフルS を完勝して同じくクラシック候補だったシャイニングレイ 等、1番人気に支持されたクラシック候補が伸びあぐねる競馬を見てきてるし、今年はそんな気がしてます。ここはダノン1頭と心中する気にはなりません

ダノンザキッドが馬券圏内から外れた時のため、もう1頭 軸にしておいて確実に獲りにいくとなると、京成杯 2着 タイムトゥヘヴン の安定感を買いたいですね。未勝利、京成杯と中山2000を2度経験し、先行しても逃げても折り合える、しかも抜かれても慌てず長くいい脚を使えるのが魅力。youtube でダノンザキッド ホープフルS との比較が出てて、非常に参考になりました。同日の開催で、全体時計は0.2差 とほとんど変わりません。母キストゥヘヴン 産駒8頭目でようやく大物か?血統的にも応援したいです。

 

◯逆転候補
シュネルマイスター
タイセイドリーマー
ゴールデンシロップ
タイトルホルダー
ホウオウサンデー

以下、逆転候補ですが、当然 人気のシュネルマイスター、マイルとは言えひいらぎ賞 むちゃ強かった。ダンジグ系とサドラーズが掛けられてノーザンダンサーの5×5ですが、洋芝札幌だけじゃない、中山でも強かった、というのが大きい。距離がどうって感じもしません。

次いで、配当的に狙いたいのがタイセイドリーマー。若駒S はかわいそうだった、ボコボコの中京に道悪も重なって走りづらそうでした。よく4着きた。新馬戦の全体時計は平凡ですが、決め手 34.7 は視覚的にインパクト残っています。叔父に海外G1馬 2頭、ポテンシャル高い。石橋 もってこい!

5番手は、こちらも配当妙味 ゴールデンシロップ、祖母 Only Royale はヨークシャーオークス2連覇、従兄弟にメルボルンC 優勝 Prince Of Penzance というゴドルフィンらしい世界的良血。新馬戦でヴァイスメテオール(京成杯4着)に完敗したことよりも、前走の未勝利で、その新馬でヴァイスメテオールと五分の競馬してたシテフローラルを突き放した点に注目したい。血統的に府中より中山、京成杯のヴァイスメテオールよりも走ってくる可能性は高いと思います。

その他、実績上位のタイトルホルダーは、人気なら消えてほしいけど抑えないとね。フルーキーの弟、新馬戦でルナベイルを捻じ伏せたホウオウサンデーも上位拮抗の1頭だと思います。

 

△抑えるだけ
テンバガー
ソーヴァリアント
レインフロムヘヴン
ワンデイモア

京成杯3着 テンバガーは、前走はうまく乗った感じ。堅実なタイプですが、ここでは、伸びてきても4,5着臭がします。レインフロムヘヴン、ソーヴァリアントは同じ新馬戦の1,3着ですが、2頭のその後の戦績を考えると、一線級には足りないんじゃないかな。いちよ抑えますが、紐で100円でしょうね。ワンデイモア は中山2000 の持ち時計 2.01.3 は優秀、しかし時計が出る流れだったし、展開が嵌った感じもします。その時の2着 スペシャルドラマ はフリージア賞でレインフロムヘヴンの5着、負かした相手のレベルも疑問ですし。以上4頭は、とりあえず拾うだけ。

 

👻消不動
スペシャルトーク

流石にいらないでしょう。これしか消せないというのが、このレースの難しさかな。

 

以上、土日・東西とも、手広く拾っても、配分にはメリハリ付けたいと思います。土曜は、シャーレイポピー、日曜は、タイセイドリーマー、ゴールデンシロップに期待です。おやすみ💤

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です