2020 大阪杯 全出走馬 展望

皆様、いつもご訪問ありがとうございます。

また寒くなってきたなぁ。。。体を冷やさず、こまめに緑茶を飲むべし。いま期末決算で、1年で1番仕事を休めない時期、普通の風邪を引いたら自宅待機強制だし、普通の風邪も引けないのが辛いね。ヨーグルトと納豆は毎日食べてるし、いろいろ気を付けて熱が出たらコロナに間違いない。という状態にしてます。

とりあえず倒れるまでは戦い続ける。いざ、大阪杯!!!

❶枠①番 ロードマイウェイ

前走は窮屈だったし度外視ですが、戦績から能力はサトノアーサー、トリオンフ程度でしょう。3連複フォーメーションの3頭目まで。

❷枠②番 サトノソルタス

スローの金鯱賞で2着も、G1でどうこうなるレベルではないと思います。ロードマイウェイ同様、3連複フォーメーションの3頭目まで。

❸枠③番 ブラストワンピース

昨日の投稿でも書きましたが、目の上のたん瘤・アーモンドアイが好走した直後でなければ、結果を出せる馬。2400m以上だと雄大な馬体が重石になってしまい脆いですが、2000mの少頭数なら心配してません。3歳 毎日杯の弾け方が凄かったし。3連単、3連複フォーメーションの1頭目に置く予定です。

❹枠④番 ワグネリアン

いい枠が引けましたね、状態も昨年以上で望んできそうです。頭が獲れるかは展開次第ですが、3着以内という意味では今回1番安定してるかと思います。

❺枠⑤番 ラッキーライラック

脚が溜まらないと弾けないタイプなので、一昨年のスワーヴが捲った展開で後半に速いラップが連続すると甘くなるんじゃないかな。後は、4角までスローで弾けたとしても、ワグネリアン、ダノンキングリーの一線級牡馬の切れ味に対抗できるか。紐まで。

❺枠⑥番 レッドジェニアル

1番消したい馬ですが、この少頭数なんで1頭だけ消して後悔したくないかな。悩みどこ。

❻枠⑦番 ステイフーリッシュ

少頭数の前残りに備えて拾うだけ。3連複フォーメーションの3頭目まで。

❻枠⑧番 ダノンキングリー

先週ダノンスマッシュがこけたことから、今週こそな気がしてます。少頭数ならむしろ2000mでこそ。ブラストワンピースと並び、3連単フォーメーションの1頭目に置きたい馬。

❼枠⑨番 マカヒキ

凱旋門賞まで応援に行った大好きな子。昨年追い込んで4着、距離適性だけで言えばこの馬が1番合うと思います。軸にはできませんが、紐には絶対に拾いたい馬です。

❼枠⑩番 ジナンボー

現在の単勝オッズよりもはるかに能力を感じている馬。前走はヴェロックスを追って、勝ちに行っての3着。決して悲観する内容ではなく、新潟記念ではユーキャンスマイルと0.0差の2着、前走負けたカデナには完勝しています。この大舞台でディープインパクト×アパパネ の血が覚醒するとみて、3連単・3連複フォーメーションの2頭目で買う予定です。佑介、頼んだ!

❽枠⑪番 カデナ

後方一気のタイプで、G1でどこまで追い込んでこれるか?3連単フォーメーションでは3頭目の扱いですかね。チーム前田としては、コントレイル、アブレイズ他、春はまだまだ期待馬いるので。

❽枠⑫番 クロノジェネシス

バゴ×クロフネ で前走は道悪が嵌った印象。距離は合うと思いますが、ブラストワンピース、ワグネリアン、ダノンキングリーといった一線級牡馬相手に能力自体が足りるか。個人的に半信半疑なので今回は紐まで。

以上。これ阪神ファン 意識し過ぎでは??? ↓

【フォロー大歓迎】
重賞馬券の最終結論はインスタまで。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です