2020 天皇賞(秋) 全出走馬 展望

府中駅前 けやき並木通り歩行者天国中。

午前中はWINS新宿でしたが、メインレース後、競馬場正門前で仲間内で集まるので早めに府中まで来ています。暑くも寒くもなく、これは最高のテラス席コーヒー日和だ☕️ あ〜パリ行きたい、Champs-Élysées通りのカフェで世界のホースマン達と血統について語りたい。

以下、天皇賞(秋)全頭コメント✏️

 

❶枠①番 ブラストワンピース

洋芝札幌記念と稍重AJC杯を勝ったように、軽すぎず重すぎずと注文の付く馬。昨日今日と多少、時計がかかってるのはこの馬に好材料ですが、切れるアーモンドアイ以外にもダブルダノンやクロノがいては、相対的に分が悪いと思います。馬連の紐まで。

 

❷枠②番 カデナ

こうゆうナタの切れ味、しかもスローの小回り限定みたいな馬は、なかなか東京コースでは買えないですよね。毎日王冠の内容は良かったけど、あって3着じゃないかな。終始 経済コース通ってイン突きした場合。馬券はワイドまで。

 

❸枠③番 ダイワキャグニー

東京で8勝 2着1回 3着1回はお見事。しかも去勢が大成功したタイプで、今なら右回りでも勝てるってw 馬主は獣医に感謝しないとね。先行してどこまでって感じですが、ベストは1800とみてワイドまで。

 

❹枠④番 ダノンキングリー

1600はスピード不足、2000は持久力不足で非根幹1800がベストと思いますが、少頭数の2000なら話は別。大逃げ打ちそうな馬もいないし、昨年の毎日王冠のような決め手が見れるのでは?軸の1頭、その中でも配当的には1番狙いたい馬です。

 

❺枠⑤番 ウインブライト

去年8着以上走れば御の字じゃないの?今回は消します。

 

❺枠⑥番 フィエールマン

心肺機能、体幹・骨格、柔軟性、全て揃った最高のサラブレッドだと思います。道悪で度外視できる凱旋門賞を除いて、力負けしたのは負かしに行って止まった有馬記念ぐらい。それ以外の敗因は、単に差し届かなかっただけ。ただ、今回も東京2000のスペシャルが揃っていて、またしても差し届かずパターンな気がしてます。ジャパンC 出てくれば狙いたいね。

 

❻枠⑦番 クロノジェネシス

当然、軸の1頭です。配当的に⑦⑨の裏表はおおよそ同じ配当になるよう配分しますが、泡良くばルメール出遅れから、⑦⇄④、⑧の馬単かなぁ。

 

❻枠⑧番 キセキ

ピンパーな面があり、出遅れるし、不良の京都3000で勝ったと思ったら、折り合わないとガス欠なるし、なかなか掴めない馬ですね。ただ、距離2000は(2.1.1.0)、昨年の大阪杯2着、一昨年の秋天3着があり、下級条件ながら信濃川特別はむちゃくちゃ切れました。個人的に、ここはベストの舞台とみてます。堂々、軸の1頭です。

 

❼枠⑨番 アーモンドアイ

馬券からは逆らいようがないですね。この馬が勝つパターンは一部を除き軽くガミる配分にします。できれば、追い込んできて2着希望💦

 

❼枠⑩番 スカーレットカラー

去年の府中牝馬Sは強かったですね。2000はちょっと長い気もしますが、ワイドには加えます。

 

❽枠⑪番 ダノンプレミアム

昨年2着 時計も1.56.7 と優秀。ほんとは相手筆頭くらいの馬ですが、今回はダノンキングリー、クロノジェネシス、キセキの方に重きを置きました。それに川田中内田のコンビは好きじゃないので。馬連の紐までにします。

 

❽枠⑫番 ジナンボー

足りないでしょ。あって4、5着。消。

以上〜 戸崎もってこい‼️

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です