2018年9月21日 新橋の夜

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ

その全てを愛していた あなたとともに胸に残り離れない 苦いレモンの匂い

雨が降り止むまでは帰れない 切り分けた果実の片方のように

今でもあなたは私の光。

ご飯に行くと、いつも絞るレモンを、がぶりと一口で口にしていた君。オレンジのように。酸っぱくなかったのかな。最愛の夏、さようなら。今日からは、新しい夏との出会い。季節は秋へ。

昨日より今日!今日より明日!!悩み、考え、苦悩した今日までに、何ひとつ無駄はない!!一歩前進、二歩前進の毎日だから。悩んだ分だけ、明日への前進のエネルギーに変えていける。変えていく。変えてみせる、

 

 

 

 

 

と自分に言い聞かせる帰り道の山手線w

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です