原良馬さん ありがとう

フサイチアソートが勝った東スポ杯の日、東京競馬場で立ち話させていただきました。楽しい盛りの大学4年の頃。

24番柱からスタンド内に入ると、マスコミ関係者用の入口があります。東スポ杯の日、最終レース後に原さんと鉢合わせました。

どこにでもいる優しいおじいちゃんでした。急に声をかけても気さくにお話ししてもらえました。フサイチアソート、狙ってたけど、馬券はダメだったとのこと。

その後、土曜の夕方に、同じ場所で何度か鉢合わせて、会釈だけはしてました。

土曜のテレビ中継、今はほぼ現地にいるので見なくなりましたが、原さん病気で出演しなくなってたんですね。

改めて調べてみると、慶応大中退から俳優座、市原悦子や大山のぶ代と同期の俳優でした。これは知らなかった。で、本格的な競馬記者は 38歳からとのこと。私なんかまだ 34なんで、まだまだです。勇気をもらえますね。

私のペンネームも、相馬眼と原良馬さんからインスパイアされて作ったので、ちょっとした原良馬です。2代目 原良馬を名乗れるよう、精進できればと思ってます。

競馬界への多大なる貢献に感謝し、心より、ご冥福をお祈りいたします。

 

競馬評論家の原良馬氏が死去

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=158077

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です