【翻訳】ヴァストガイスト ガネー賞完勝

Waldgeist leaves hot favourite Ghaiyyath trailing in Ganay powerplay

ヴァラトガイスト ガネー賞で大本命ガイヤースを力でねじ伏せ置き去りにする

https://www.racingpost.com/news/waldgeist-comes-good-for-fabre-as-hot-favourite-ghaiyyath-disappoints-in-ganay/378103

(By Scott Burton UPDATED 7:47PM, APR 28 2019)

The cream rose to the top in Europe’s first Group 1 race of the season, as Waldgeist shrugged off the image of a middle-distance battler with a brilliant turn of foot, leaving Prix du Jockey Club winner Study Of Man to outpoint red-hot favourite Ghaiyyath for the minor placings, four and a half lengths back from the winner.

その精鋭は、ヨーロッパの今シーズン最初のG1レースにおいて、頂点まで登り詰めた。ヴァストガイストが、仏ダービー馬スタディオブマンと(写真)判定で3着となった本命ガイヤースに4馬身半の差をつけ、素晴らしい決め手とともに中距離馬のイメージを壊した。

※クリームは《the ~》最上の部分、最良の部分、神髄、粒よりの人、選び抜かれた精鋭たち。turn of foot は、(horse racing) A burst of speed in a horse race なので、スピードの爆発、加速力とか、決め手かな。

Having slightly lost his way in the second half of his Classic year, Waldgeist was built back up gradually through the grades in 2018 by Andre Fabre but, despite having clocked up plenty of miles in two late-season international assignments after his fourth-placed effort in the Arc, his trainer had him more than ready for his comeback here.

クラシック(3歳)年度の下半期に少し路線を見失いつつあったが、凱旋門賞4着健闘後、シーズン後半の2度の国際招待で多くのマイルが記録されたにも関わらず、ヴァルトガイストはアンドレ・ファーブル師によって2018年の重賞レースを通じて徐々に建て直された。そして彼のトレーナーは、彼をここ(ロンシャン)に戻す仕上げ以上のものがあった。

※遠征して飛行機のマイルたくさん溜まったなぁ、という比喩ですね。

“He’s five now and I can train him harder, he takes the work better,” said Fabre.

ファーブル師は語る。“彼はいま5歳でもっとハードに鍛えることができ、もっとよい結果を残すだろう”

All but one of Waldgeist’s last 11 starts were over a mile and a half, but his readiness for this intermediate test came as no shock to Fabre.

ヴァルトガイストは過去11戦のうち1戦を除き全て2400m以上だったが、今回の中距離テストへの準備は、ファーブル師を失望させなかったようだ。

“Remember he was beaten a short head in the Prix du Jockey Club, he was unlucky and should have won that day, so he is competitive at this trip,” said Fabre, who is not currently minded to take up his entry in the Coronation Cup and another potential meeting with Enable.

“短頭差で負けた仏ダービーを思い出してほしい。彼は不運だったし、あの日、勝つべきだった。だから彼は今回の試みでも戦えた”とファーブル師は語る。師は、直近では、コロネーションCやその他エネイブルとの対決の可能性のある登録について言及することはなかった。

“It doesn’t really open that many options and his main summer target could be the King George, although in the meantime he will run somewhere else, probably the Grand Prix de Saint-Cloud.”

“実際に多くの選択肢が開かれた訳ではなく、彼の夏のメインターゲットはキングジョージだろう。中間にどこかで走らせるつもりだけど。おそらくサンクルー大賞だろうね”

William Buick did not try for an immediate reprise of his all-the-way tactics aboard Ghaiyyath but was still in front half way down the back straight.

ガイヤース騎乗のウィリアム・ビュイックは、まだ向正面の中間地点前だったが、彼の万能の戦術の再現(?)を試みることはなかった。

Study Of Man and Waldgeist never gave him too much rope and, although he fought all the way to the line, Ghaiyyath had no answer to the winner’s turn of foot.

スタディオブマンとヴァストガイストは彼に手綱の余裕を与えず、ビュイックは常に(仏の)ラインに対して戦っていたが、ガイヤースは勝ち馬の決め手に応えることはなかった。

Charlie Appleby refused to be downhearted and is looking forward to stepping the strapping son of Dubawi up in trip.

(ガイヤースの)チャーリー・アップルビー調教師は、今回の遠征で、悲観することを拒み、馬格あるドバウィの息子としてステップアップすることを期待している。

“I’ve always felt this horse is a relentless galloper,” said Appleby. “This time you’ve got two Group 1 winners sat right in behind you. They are Group 1 winners for a reason, because they’ve got a gear change.

“この馬は(相手なりに)渋太い脚を使うと思ってきた”とアップルビー師は言う。“今回、G1勝馬2頭が彼の前に立ちはだかった。彼らがG1馬というのが理由だ。ギアチェンジしちゃったからね”

“He could go to the Hardwicke as a stepping stone but you’d be meeting Group 1 horses there as well. There are options here in France as well over a mile and a half.”

“彼は叩き台としてハードウィックに行くこともできたが、あなた方はそちちらでも同様にG1馬に会うことができるでしょう。ここフランスにも2400mの選択肢がある”

Study Of Man failed to win in three starts after his Jockey Club triumph last year but looked much happier here on what was his first start since being drawn out of contention in the Arc.

スタディオブマンは昨年は仏ダービー後に3戦勝てなかったが、凱旋門賞で競合いから脱落して以来の初戦としてはとても満足気に見えた。

※ no longer having a chance of winning something.

“Stephane [Pasquier] and Pascal [Bary] are very happy and it was a very nice comeback race,” said the Niarchos family’s racing manager Alan Cooper. “We are very happy and we’ll have a regroup to see whether we have a race before or go straight to Ascot [for the Prince of Wales’s Stakes].”

“(スタディオブマンの)パスキエ騎手とパスカル調教師はとても満足そうで、とてもいい復帰戦になったようだ”と、ニコラスファミリーのレーシングマネージャー アラン・クーパー氏は語る。“我々はとてもハッピーだし、アスコットのプリンスオブウェールズSの前にレースを使うか直行するか再検討したい。”

🍀🍀🍀以上🍀🍀🍀

4/28 ロンシャンで行われたガネー賞の記事です。1着 ヴァルトガイスト、2着 スタディオブマン、3着 ガイヤースでした。

微妙に掴めない表現があったので、間違ってたら後日、修正しておきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です