【翻訳】ビューティージェネレーション 安田回避

Beauty Generation to miss potential clash with Almond Eye in Japan

ビューティージェネレーション 日本でアーモンドアイとの対決の可能性なくなる

(By Andrew Scutts 3:58PM, MAY 4 2019)

https://www.racingpost.com/news/beauty-generation-to-miss-potential-clash-with-almond-eye-in-japan/379124

Hong Kong superstar Beauty Generation will not be making the trip to Japan for the Yasuda Kinen, meaning a potential barnstorming clash with Almond Eye is off.

香港のスーパースター ビューティージェネレーションは、日本の安田記念の遠征を行わないこととなり、これは巡業にてアーモンドアイと対決する可能性が無くなったことを意味する。

※地方遊説、の意味らしいです。

Connections of Beauty Generation have decided the world’s top miler has done enough for the campaign, after posting eight wins from eight runs since October.

ビューティージェネレーションの関係者らは、昨年10月以来、8戦して8勝として発信されたため、世界一のマイラーとしては十分な宣伝がなされたと判断した。

Beauty Generation did not figure in the Royal Ascot entries published on Wednesday, and the six-year-old gelding is set for a rest.

ビューティージェネレーションの名は、水曜に公開されたロイヤルアスコット開催の登録にも見受けられず、その6歳 騸馬はいったん休養に入ることになった。

“Thank you for your continuous support to Beauty Generation,” said a statement from owner Patrick Kwok.

「ビューティージェネレーションへの応援をいつもありがとうございます」と始まり、馬主のPatrick Kwokはコメントを出した。

“We understand that there is interest in the racing community as to whether he will race in the Yasuda Kinen in Japan next month. After thorough discussions with our trainer, we have concluded that the most appropriate and proper arrangement for the horse is for him to stay in Hong Kong.

「彼が来月、日本の安田記念で走るかどうか、競馬関係者の間での関心事であることを理解している。調教師との協議を通じて、この馬への最も適切な選択は、香港に滞在することだと結論付けられた」

“We hope that he would, under sufficient rest and training, continue to carry your hopes and continue his winning streak.”

「十分な休養と調教の後、彼がみんなの期待を背負い続け、連勝記録を伸ばすことに期待しています」

Japan Cup winner Almond Eye is another Far East superstar also set to remain at home instead of coming to Europe this year – the filly had been among the front rank in betting on the Arc until her connections announced they were unwilling to travel her.

ジャパンC覇者のアーモンドアイも、もう一頭の極東のスーパースターであり、今年はヨーロッパに来ることなくホームのままである。彼女は、関係者らが遠征させる意志がないことを発表するまで、凱旋門賞オッズで最上位の1頭であった。

※エネイブル、シーオブクラスと並び、ブックメーカーの1番人気タイという意味でしょう。

🍀🍀🍀🍀🍀

以上。今回はレースの描写がなく、あまり英語の勉強になりませんでした。

世紀の対決 アーモンドアイvsビューティージェネレーション 見たかったけど、ビューティー安田回避発表後に、アーモンドアイ の安田記念出走が正式表明になったし、意識してたのはお互い様なんだろな。

世界の評価(レーティング)からしたら、むしろアーモンドアイが遠征して、向こうが迎え撃つ立場ですが、こっちもこっちで、1800-2000くらいがベストな気もするし、あえて対決する必要もないかと。

後世、モンジューvsドバイミレニアム みたいに幻の対決として語られるのかな〜

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です