『代表的日本馬』草稿

和英対訳『代表的日本馬』。英語名は、

Representative Horse of Japan

ブログではなく、本にして日英仏米で出版したいと思っています。頑張って営業して、だめなら自費出版。

こんばんわ、アーモンドアイです。今年は凱旋門賞、何としても行きたい

会社には円満に休日をもらいたいと思っていますが、無理なら身内を殺すだけの価値はある。結婚して新婚旅行なら許されるかなー??

さて、この『代表的日本馬』、アーモンドアイが凱旋門賞を制した暁には、ぜひ書き上げたいと思ってる本です。

世界に伝えたい日本の名馬、日本近代競馬160年の歴史、伝統のクラシックレースや血統の歴史、日本競馬のこれから等、世界に発信するものにしたいと考えてます。内村鑑三をもじっているので頭数は5頭に絞ってですね。

ディープインパクトとオグリキャップ。まずこの2頭は外せない。そして、アーモンドアイが凱旋門賞を勝てば、当然この馬も。

少し考えて、4頭目に必要だと思ったのが、ハイセイコー

第一次競馬ブームの立役者、紳士淑女の社交場から庶民の娯楽へ、ギャンブルからエンターテイメントへ、と日本競馬をここまで底上げした功績、歴史的意義は大きいと考えました。

そして、最後の1頭。これがほんとに悩み中。

シンザン、マルゼンスキー、シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ナリタブライアン、サイレンススズカ、エルコンドルパサー、ウオッカ、オルフェーヴル、キタサンブラックと思いつきましたが、、、

今のところエアグルーヴにする予定です。日本の競馬をできるだけ漏れなく伝える目的もあるので。

1.ディープインパクトとSS系

この馬がどれだけ強かったか語りたい。では凱旋門賞はなぜ負けたのか。

社台の吉田善哉氏とサンデーサイレンス。サンデー系の日本、世界。

クラシック三冠の意義。セントライト、シンザン、シンボリルドルフ、ミスターシービー、ナリタブライアン、オルフェーヴルにも触れたい。

国内で唯一負けたハーツクライ、その子ジャスタウェイが世界ランク1位になったこと。

レジェンド 馬主 金子真人さんについても。

そして、この馬でも勝てない無念。凱旋門賞が日本競馬の悲願となったこと。

2.ハイセイコーと近代競馬

近代競馬の歴史があり、日本近代競馬の歴史があり、そして、日本にハイセイコーが誕生するまでの歴史。

日本の中央競馬と地方競馬、そしてそれ以前の草競馬。地方競馬の意地みたいなものが、日本人の高度成長の象徴とも捉えられる。

第一次競馬ブームとは何だったのか。大衆の娯楽、ギャンブルを超えたエンターテイメントに成長できた過程。

種牡馬チャイナロックについて

ハイセイコーブーム後の、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスから、オグリキャップに至るまでも。

3.オグリキャップと有馬記念

オグリブームとは何だったのか。競馬ファンは、この馬の何に共感したのか。

ライバル達、タマモクロス、イナリワン、スーパークリーク。

天才武豊 についてはここで触れたい。

そして、有馬記念の意義。トウカイテイオー、グラスワンダーとスペシャルウィーク、シンボリクリスエス、キタサンブラック。日本におけるロベルト系の魅力も。

オグリキャップは、日本の競馬に何を残したのか。

4.エアグルーヴと日本の牝系

エアグルーヴの凄さ、その血統の凄さ。ルーラーシップ、アドマイヤグルーヴ、ドゥラメンテ、、、

ダイナカールの父ノーザンテーストにも触れたい。日本におけるノーザンダンサー系について。

日本の有名な牝系。薔薇一族。スカーレット一族。

名牝についても語りたいです。男勝り、がキーワード。ヒシアマゾン、ウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、等々。

そして、アーモンドアイの誕生へ。

5.アーモンドアイと凱旋門賞

https://youtu.be/RSPfZLryg3U

牝馬三冠。メジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ。

ルメールデムーロについて。シルク他、一口馬主について。

フサイチパンドラと関口房雄さんについて。

そして、海外遠征の歴史。ヴィクトワールピサのドバイ。凱旋門賞への挑戦の歴史。エルコンドルパサー、オルフェーヴル、、、

オルフェでは、メジロマックイーンについても触れたい。

ロードカナロア、キングカメハメハ、日本におけるミスプロ系の展開。エンドスウィープについても。そして、世界の血統の行方、日本競馬の次のステージについて。

以上!

まだ完全なる草稿段階です。年内に 15万字しっかり仕上げたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です